アラキバ

Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
ご挨拶(チェックすると表示→)

新着記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hello World!
スポンサーサイト
たまたまサイトからJSONでデータを取り寄せるコードが書きたくなって、久しぶりにjQueryのリファレンスページに行ってみた。

んでもって目的の確認をするまえに何となくFlickrからネコの写真を取得してくるサンプルを見てフーンと思い、そのまま引き続いてサンプルコードを眺めたあたりで遅ればせながら気がついた。

クロスドメインな場所からデータをゲットしているじゃないの、このコード。

て事はあれか?
Script要素を作って適当にどこかにくっ付けて、というコードを自分で書かなくてもいいわけか?

気合入れ直して英語読んでみる。
やはりできると書いてある。
「callback=?」てな感じでコールバックの形式だけ指定してあれば、クロスドメインなJSONPを使った通信もgetJSONで出来てしまうらしい!

中途半端に名前だけは知っていた$.getJSON()。
AJAX周りはXMLHttpReqeustを使っているから、自分サイトからデータを引っ張り出す時に多少便利な程度のもんだろう、位に思ってました。
クロスドメインなコードにしたかったら、自分でちょっと面倒なコードを書かねば仕方が無いモノだとばかり。

ヤッパよく出来てるなあ、jQuery。
見に来て良かった。
個人的には好きですね、「手段の為には目的を選ばない」という姿勢。
俺にとってコンピュータは目的であって手段ではないので。

でもこの場合はダメだと思う。
そもそも手段じゃなかったの、これ?予算をつける事が目的だったんですかね。

本当に最初から目的だったのかな。

途中でキョドって下手な説明をして仕分けられてしまうようなら、その程度じゃないのかね。少なからずな既得権益とか、利益誘導が無い訳ではなかろうし。

問題は理解しない人にあるのでなくて、本当にそれが必要だと理解させる様な動きをしてない、なあなあで予算がつく事に油断してた側にあるのじゃねーの?

これに限らず、税金を使うのに理由がきちんと説明できない様なものなんて、もっとスッパリ仕分けてしまえば良かったのに。今でもそう思うな。




「自己目的化」しちゃダメなんですか




理化学研究所と富士通が共同で開発を進めている次世代スーパーコンピューター「京」が、20日公開された世界のスパコン性能ランキングで日本勢として7年ぶりの1位になった。「京」は2012年度に完成予定だが、一部を稼働した性能試験で1秒間に8,162兆回の計算能力を達成し、前回1位で今回は2位だった中国の「天河1号A」を性能で3倍以上引き離しての圧倒的1位に輝いた。 全文
近藤駿介 In My Opinion 06月20日23時31分











会社で使っている仕事道具の古いウィンドウズPC。
ワード/エクセル/パワーポイントで不毛な書類を作りまくり、どこのアホがメンテナンスしているのかしらないが日々使いにくさに磨きがかかる社内のアィティシステムで社内手続きをするためのPC。
 コンプライアンスやセキュリティ上の問題がなければ、カスタマイズしてもあまり文句言われないのが唯一の救いなこのPCに、VBOXをいれている。
ゲストOSはUbuntu。

今の環境には10.04が入っていて、
たまたま手が空いたときにふとバージョンアップしてみたくなった。
LTSではない更新も出てくるようにして、まずは10.10へゴー。

…うわーんヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

アップデートの最中にいきなりホストマシンが逝った。
なんの前触れもなく、プツンとリセットしてくれた。

ダウンロード終わってインストール始まってたよなあ、半分くらいまでは進んでた?…やばいなあ…

リセットからの流れでBIOSが表示するスプラッシュを眺め、そのまま再起動。

ホストのウィンドウズは一応普通に動いている。
ログオンすると障害レポートをマイクロソフトにどうとかこうとか出て来たけどとりあえず目の前の問題の助けにはなりそうにないのでパス。

ごくたまに起きるこのリセット、実は原因はなんとなく分かってる。
十中八九、増設した怪しげな古いビデオカードと適当にさがしてきて放り込んだドライバーのせい。
ああ、こんなことならアレをディスエーブルしてからアップデートすれば良かった。

続いてゲストのUbuntuを起動…ルートディスクがマウントできないげなメッセージが。
ダメだ、腐ってやがる…これはもう復旧出来る気がしない。

ディスクイメージのバックアップなんてとってないなあ。
手元にある動きそうなディスクイメージは…8.04か。
相当昔のやつだねえ。
LTSだけどサポート期間が終わってるよ。

使い始めた時は「ちょっと使えればラッキー、使えないようならすぐ消してしまえ!」というつもりだったのに、
  • sshdを動かしてTeratermで入る事にして、
  • ファイルサーバーにアクセスする為にcifsを入れて、
  • コード読み書きの為にフルバージョンのvimを入れて、globalを入れて、
  • メールやテキストを読み書きする為にemacsとwanderlustとskkを入れて…
後何入れたっけ。
いやあ、手元にUNIX的な環境があるとやっぱり便利なもんで、何時の間にやらメールやコードの読み書きがスッカリVM上のUbuntuに依存してるじゃないですか、俺。

激しくメンドクサイけど、設定し直さないと仕事にならねえ。
何か今日はもう仕事すんのイヤになってきたなあ。
急ぎの用件もないし、今日はノンビリと机の片付けでもやってから定時速攻で帰っちゃおうかなあ。

と思った矢先に「あ、さっき◯◯サンと電話で話した時、週報、今週は今日中にお願いしますってことでしたー」とにこやかな伝言が。
いつもギリギリで許してくれるじゃないッスか!
今日に限って一日前倒しッスか!
テキスト書いてメールで送るだけだからウィンドウズでできないことはないけど…データとか見返しながら書きたいしな。
やっぱりemacs+skkがイイ。やるか!

というわけで、怪しいデバイスをディスエーブルして、慎重に環境を再構築。
いいところまでできたら、一度バックアップ。
さて、週報を書き始めた頃には定時どころかもう…


教訓

大事なモノは全てサーバーにおいてあるからと油断して、個人環境の面倒をみることに手を抜かないのが、結局は自分の為である、と。


当たり前すぎる…Orz
そんなコントローラとか正気なのか、ニンテンドー?
とおもったWii Uだが、この決定には好感。
オレがDVDやBDを嫌いな理由と、Wii Uに搭載しない理由は多分違うけど。
BDプレイヤーが必要な人には出回っている頃に発売されるらしいので、事実上問題にはならないよね、きっと。
Wii U は25GBディスク対応、BD・DVD再生は非対応
Published on Engadget Japanese

Filed under:

仕様が少しずつ明らかになる任天堂 Wii U の話題。任天堂が掲載したE3 2011 アナリストQ&A セッションによると、Wii U は Blu-ray や DVD ディスクの再生機能は備えないとのこと。

Wii U のゲームメディアは、公式の本体概要では「新ハード用 12cm高密度光ディスクおよび、Wii 用12cm光ディスク」とされており、またこの「高密度」光学ディスクの容量が25GBであることも確認されています。質疑応答でBDやDVD再生について問われた岩田社長の回答は:
Wii Uは、DVDやBlu-rayの再生機能は持っていません。

そのことによって発生する、主にこれはパテント(特許)の費用なのですが、そのことによって生じるコストアップに見合うだけのメリットがないと考えているからです。DVDプレーヤーやBlu-rayプレーヤーなどは、必要な人のところにもう十分に行きわたっているのではないかと考えています。

Before |  Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。