2009年11月

2009年10月≪ | 2009年11月の記事一覧 | ≫2009年12月
Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックで活躍しようがしまいが不景気に変わりないんだし、いいんじゃないの、オレも払ってる税金から出さなくても、と利害関係者でないオレは思います。

どれだけその競技を極めていようが、要は好きなことして遊んでんだから、自分の金でやるか、わが国の首相ご一家みたいな無駄に金持ってるパトロンを確保するかしろよ。

選手強化費など「削減」 JOCが民主に陳情へ

 政府の「事業仕分け」で選手強化費など国庫補助金による約27億円が削減対象とされたことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)の市原則之専務理事は26日、日本体育協会などと連係して民主党に再考を促す陳情を行う考えを示した。

 民主党では、スポーツ予算を審議した蓮舫参院議員ら4人が「事業仕分け」の窓口。市原専務理事は「選手強化が本当にムダなのか。スポーツ界としては一銭でも多くほしい」と話し、来週中にも民主党や所管する文部科学省の鈴木寛副大臣に実情を訴える考えだ。
イザ!より抜粋

JOCといえば選手の選考を支配している、あんまりオープンじゃない胡散臭げな団体、というイメージがあって、それもネガティヴな印象を補強してます。(それはまじめにそういう団体のことを理解する気のないオレの誤解かも知れませんが、知ったこっちゃありません)

「スポーツ界としては」とかほざいてるけど、本音は「私の組織としては」じゃねえの?


あーだめだこういうニュースみると毒吐きたくなる

おいしいものはそりゃ大好きですが、どちらかというと悪食の類ですね。

おいしくないもの、そこそこおいしいもの、特別においしいものの味の違いは分かります。タブン。

で、分かったとしても、例えばステーキを食べるとして、100gの松坂牛フィレステーキと、500gのオージービーフステーキならオージービーフを選びます。ちんまりとすごくおいしいものを食べるより、そこそこおいしいものをドーンとお腹いっぱい食べるほうがいいです。(いやもちろん松坂牛フィレステーキをお腹いっぱい食べられるならそれに越したことは)

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です! 今日のテーマは「味覚に自信ありますか?」です。 食欲の秋・・・は、やや過ぎてしまいましたがまだまだ、食べることが楽しい水谷です。でも、水谷は、人より味覚が変と言われます。自分では、普通と思っているのですが・・・。ご飯にタバスコをかけたりするの... FC2 トラックバックテーマ:「味覚に自信ありますか?」


だから太るんだってば

すき焼き、とピンポイントで特定すると単品としては最強クラスです。

鍋物は石狩とか、チゲとか、あっさりと湯豆腐とか、好きなものはいっぱいありますが、それぞれ単独ではすき焼きに及びません。が、鍋物でくくった単品対多種の勝負だと判定に困ってしまいます。

夕食のメニューとしてどちらかを選ぶならすき焼き。でも次の日は鍋がいいかな。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です! 今日のテーマは「お鍋とすき焼き、どっちが好き?」です。 寒い季節がこれからやってまいります…!皆さんはもう冬に備えて防寒対策は行われていますか?防寒対策の一つとして、「温かいものを食べる」のも、有効な手段だと思います!冬になるとなんだか食べたくなるのが、お鍋・.. FC2 トラックバックテーマ:「お鍋とすき焼き、どっちが好き?」


贅沢な悩みだー
kotatsu-cat.png 寒くなってきてコタツがあるといいかなあとか考えたとき、むかしノートの端っことかによく落書きしてたことをふと思い出して描いてみたくなりました。「あんたにそっくりー」と女の子に言われた苦いようなどうでもいいようなことを思い出したのはあくまでついでです。:-)

登場する女の子も魅力的だし、主人公の諸星あたるに感情移入できてみたりする「うる星やつら」ですが、なぜか特別な活躍するわけでもないこのコタツ猫も好きでした。(単純に落書きしやすかったからだけではないと思う、たぶん)

本棚にしまいこんであるコミックをひっぱりだしてくればもっと思い出せるんだけど、、記憶を頼りに描いてました。昔はもっと味のある絵になってたような気がするんだけど、昔の落書きなんて一つも残ってないので、今更どうなのか分かりません。とりあえず、似てるといわれたこともあることだし、プロフィール画像として採用することに。

うる星やつら 11 新装版 (少年サンデーコミックス)うる星やつら 11 新装版 (少年サンデーコミックス)
(2007/04/18)
高橋 留美子

商品詳細を見る

描いたあとでアマゾンを検索してみると、コタツ猫が表紙の巻が!

やっぱり本物は次元が二つくらい違いますね。

実家においてきた一そろいと別に、無性に読みたくなってそろえた全巻、加えて、デラックス版まで「うる星やつら」を持ってるくらいには高橋留美子ファンなオレですが、新装版の表紙はチェックしてませんでした。魅力的な企画のおまけつき(巻末に他の漫画家の書いたラムちゃんが載ってる、だっけ?)だったけど、あの頃ほど自由に使えるお金がな…

今思うと、これ以降の高橋留美子作品の要素って、原初の形がここに全てあるような気がしますがそんなことないですかね。


今読んでもやっぱり面白いや(←結局引っ張り出して読んでいる)
惑星カレスの魔女 (新潮文庫)惑星カレスの魔女 (新潮文庫)
(1987/02)
J. シュミッツ

商品詳細を見る
惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)
(1996/11)
ジェイムズ・H. シュミッツ

商品詳細を見る
今日、久しぶりに整理していた本棚の奥のほうで見つけました。何故なのか全く記憶にありませんが、新潮文庫版と、創元文庫版の両方を持っていたようです。危うく整理そっちのけで再読モードに入るところでした。

画像ありませんが、新潮文庫版のカバー絵も同じです。

一見宮崎駿が描いたカバー絵のようですが、その通りです。このイラストにおっと魅力を感じるなら、読んで損はしないと思います。

主人公のこれからも気になるし、カレスの活躍を他にもいろいろ匂わせるところがあったり、サブキャラも魅力的だし、サブキャラはサブキャラでいろいろエピソードを連想させるし、日本のライトノベルなら大量の続編・番外編が出ているクラスですね。でも続編ないんだよね。。。(著者が既に故人なので書かれるはずもないのが残念)


もしかして宮崎駿のほうが影響を受けてたり?

Before |  Copyright © アラキバ All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。