2010年05月

2010年04月≪ | 2010年05月の記事一覧 | ≫2010年06月
Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはすごい。確かにこれであとネットがあればオレが生きていくのに特に不足はないかも…(それはそれで人として問題?)

ノルウェーというとオレの印象としてはこんな感じなわけですが…
  • 近くには行ったことがあるので憶えている。北欧のドコカにある。
  • 北欧なんできっと税金は高いけど、福祉はしっかりしてるんだろうな。
  • おもな産業はOpera。
  • まあ冬はきっと寒いんだろうな、北欧だし。
  • たぶん、人口は東京都以下。
近くに行ったことはあっても、未知の国なノルウェー。

懲罰として犯罪者をこんなところに収容する国って、どんなところなんだ、とちょっと興味わいてきたので、WikiPediaを引いてみました。(実は豪華な刑務所って結構あるようですが)
  • 場所は北欧→正解
  • 福祉はしっかり、税金高い→正解
  • 主な産業はOpera→不正解
    油田とかいろいろあって資源も豊かだし、船舶関係の産業とかも盛んらしい
  • 冬は寒い→不正解
    いや寒いには寒いはずだけど北極圏というほどじゃないみたい
  • 人口は東京都以下→正解
自分で出した問題で、5問中3問正解。60点かあ。

意外なことに王様がいるらしい。
立憲君主制で、事実上の権限はあまり持ってない王様らしいので、そのあたりは日本とよく似てるのかな。

でも、豊かさとか、暮らしやすさとかは圧倒的にノルウェーの方が上に見えますね、Wikipediaだけを見ていると。
男女平等度合いでもすごいらしいけど徴兵制は男だけに適用されるってのがナンカいやですが、それ以外はあんまりイヤなところが見当たらない。

日本語が通用しない時点でワザワザ移り住みたいという気持ちになるような場所ではないけど。


まあそう言われてみればそうかもしれない。
アップルストア、ゲームたくさんありそうだし。
ソニーは不本意?
DSなら我が家にだってあるけど、PSどころかソニーの製品なんて一つもないなあ。
そういえば昔VAIOを持ってたことがなくもないけど…たしかこれ。
動かなくなって放置してたところを、息子の手にかかってバラバラにされ、ガラクタとして処分されてしまいましたとさ。
もしXperiaを買ったら、久々のソニー製品かな。ソニーエリクソンって、ソニーなんだっけ?
いや、、まてよ、、、
あった!
PlayStationConsole bkg-transparent.png
すっかり忘れてたけど、こんなのを持っていたことを久しぶりに思い出した!
初代プレイステーション…動かしてみようという気分にならないけど。
てか電源とかそこらへんのケーブルはどこにあるんだろ。
本体が保管してあるということはどこかにありそうだけど…
iPadはそうかなーという気はするけど、Xboxとかプレステみたいなゲームコンソールも情報端末でもあるわけですか。
いやまあ情報端末でも、単なるゲーム機でもどっちでもいいんだけど。
言われてみれば、ネットにつながるなら立派な情報端末になり得るわけですな。
なんか新鮮。
(論点はそこじゃないとは思いつつ…)
なんかねえ、「愚民どもが金を出し渋ってるせいで俺達が儲からねえ」という難癖に見えるんだよねえ。
どうも売りたい相手をバカにしてる(ばかにされている)ような気がするなあ…
どうにもこうにもついていけないのが、この記事の中にも書いてある、「違法ダンロード件数=売れたはずの楽曲数」という仮定。
ブレーキの原因について同協会は「違法サイトからの無料ダウンロード」をあげ、「18年の調査で、違法ダウンロードの総数は有料配信より1億4500万件も多い年約4億7千万曲だった」と明かす。一番安い「着うたフル」(1曲約200円)に換算すると約940億円が闇に消えた計算で、「その後もさらに増えているだろう」。
なんでこれを既定の事実であるかのように「これだ損した!」とか騒げるのか。「特許とか版権で儲けようとする商売」に好意的になれない、というオレの偏見を差し引いてもなんかおかしいと思う。
  音楽業界誌オリコンの小池恒社長(45)は「“音楽はタダ”という間違った認識が蔓延(まんえん)している」と指摘。
「お金払ってまで聞きたい音楽」がないだけなんじゃないのか、ほんとに売れるような音楽を業界が育ていようとしているのか、という検証をしてないのかな。
そこに何らかの反省とかな対策とかしないと、違法ダンロードを撲滅しても、あとに残るのは「そもそも音楽なんていらん」という世の中じゃないのか。。

「警官に怒られないならなんでもあり」的な発想のほうがよっぽど怖い、と上海万博の割り込み上等な行列を見て思うおひとよし日本人なオレです。あれはびっくりだし怖いよなあ。
それが当たり前だと思っているから、世界中からナメられてるんだよね、きっと。
日本人が感覚として理解しなけれりゃならんのは、「それが当たり前とは限らない」ということなのか。

Before |  Copyright © アラキバ All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。