2010年12月

2010年11月≪ | 2010年12月の記事一覧 | ≫2011年01月
Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ふと思いついてIME ON/OFFをCaps Lockキーできるようにしてみた。
これが思ったよりもイイ。 文書の入力と、通常の操作がメチャらくに切り替えられる。

きっかけは、ChromeOSノートのCaps Lockキーに相当する部分が検索キーになっている、という話題。

    Caps Lockが検索ボタンになってる!

専用キーが欲しいほどに検索を多用しているわけじゃないので、このキーアサイン自体は正直微妙だと思う。
だけど良く考えてみると、アレだけでかくて押しやすい位置にあるキーなのに、普段まったく使わない機能がアサインされてる、と改めて認識。
オレ的には存在の意味が分からないこのキーを前にして、久しぶりにキーボードアサインをカスタマイズしてみたい気持ちが発生。

若かりしころはキーボードのカスタマイズが大好きだったんだけど、
  • CTRLキーは左小指で押すものだと信じ、PCを乗り換えたときの最初の環境整備として、CTRLとCaps Lockを入れ替えていたけど、ある日小指の付け根のあたりでCTRLをキーを押した方が圧倒的に気持ちよく使える(オレ内部比)ということに気がついた。
  • いろんなホットキーで便利な機能を呼び出せるようにしていたんだけど、自分のPC以外のPC(実験機に接続されている端末とかそんなやつ)で仕事することが多くなって、カスタマイズしすぎて、指が動かなくて困った。他の人も使うし、オレ専用カスタマイズするのもちょっと。。
てなことがあってキーボードのカスタマイズは止めてしまったいた。

で、、良く考えてみたら、今は自分専用のPCで仕事することがほとんどという状況にもどっていることに気づいて、とにかくなんでもいいからカスタマイズしてみようという気持ちがMAXゲージに。

カスタマイズするなら、普段なんとなくメンドくさいと思っているIMEのON/OFFかなあ、ということで、うろ覚えなソフト名をテキトウに検索してAltIMEを再発見して、Caps Lock→右Ctrl、右Alt→CapsLockに置き換えるように設定して、「IMEのOF/OFF」を右Altキーで使えるにように設定。

二日目くらいだけど、なんか文章を入力するときのストレスが一気に減った気がする。

というか設定してみて初めて「Alt」+「‘」を入力するのが結構なストレスになっていたということに気づいた。

あきらめて素直に日本語配列のキーボードを使え、ということなのかもしれないけどなと思いつつ、しばらくこれでいこう。

P.S. Windows VISTA以降、カーネルモジュールを個人で作ることが出来なくなったとかで、Windows XPで使えていたキーボードカスタマイズ用のフリーソフトの大半が使えないらしい。

幸い(?)なことに、文書を書くために使う主なPCはXP。
これだけでXPでほんっとによかった、と思えます。

スポンサーサイト

 Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。