レトロっぽい未来冒険活劇-惑星カレスの魔女

Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
惑星カレスの魔女 (新潮文庫)惑星カレスの魔女 (新潮文庫)
(1987/02)
J. シュミッツ

商品詳細を見る
惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)
(1996/11)
ジェイムズ・H. シュミッツ

商品詳細を見る
今日、久しぶりに整理していた本棚の奥のほうで見つけました。何故なのか全く記憶にありませんが、新潮文庫版と、創元文庫版の両方を持っていたようです。危うく整理そっちのけで再読モードに入るところでした。

画像ありませんが、新潮文庫版のカバー絵も同じです。

一見宮崎駿が描いたカバー絵のようですが、その通りです。このイラストにおっと魅力を感じるなら、読んで損はしないと思います。

主人公のこれからも気になるし、カレスの活躍を他にもいろいろ匂わせるところがあったり、サブキャラも魅力的だし、サブキャラはサブキャラでいろいろエピソードを連想させるし、日本のライトノベルなら大量の続編・番外編が出ているクラスですね。でも続編ないんだよね。。。(著者が既に故人なので書かれるはずもないのが残念)


もしかして宮崎駿のほうが影響を受けてたり?
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://arakiba.blog62.fc2.com/tb.php/158-41b952c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。