「Google 日本語入力」を入れてみた

Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hitogago.png

昨日、「Google 日本語入力」がリリースされたニュースを見て、へぇー、と思ったのですが、一日経ったらあちこちで取り上げられまくりですね。注目されてるんだなあ。フリーの日本語入力システムがリリースされてここまで注目されているという状況は初めて見ました。Googleの後光のおかけですね、きっと。(いいものであるのもまた確かなんだろうとは思いますけどね、多分)

emacsがコンピュータとオレの界面だった頃、そして、日本語を入力するなら、メールとかTeXでの文章作成がせいぜいだったころ、日本語入力システムといえば、SKKとかbolid-eggといったクセのあるものが大好きでした。モノ珍しいのがあれば試してみて、結局SKKに戻る、ということを繰り返していたような気がします。

その頃から時は流れて、日常の端末としてウィンドウズを使うようになって、日本語を入力する局面の大半がワードだパワポだエクセルといったソフトでの入力になって、それでもSKKIMEを使ってみたりしたのですが、どこか手になじまなくなってしまい、最終的にはMS-IMEに何の不満もなくなっていた今日この頃でした。

インストールも簡単みたいなので、ちょいとオレも使ってみましたが、確かになんの学習もなく「ひとがご」まで入力した時の候補で「人がゴミのようだ」が出現。

これはオモシロそうなので、しばらく使ってみることにします。

クセのあるものを面白がっていた頃のクセとはかなり違いますが、ネットで流通しているスラングみたいなものが(自動で?)取り込まれるというのは、面白い試みですね。

フルキーボードで入力していると、携帯で文字を入力するのと違って結構な勢いで入力できるので、入力途中で出現する予測変換候補を見て採用するかどうかを考えるより前に次のフレーズを手が入力してしまいます。なので結局あまり役に立たないような気もしますが、しばらく使ってみれば便利かどうかはきっとわかるに違いない。

「Google 日本語入力」はATOKやMS-IMEを超えることはできるのか、実際に使って実用に堪えるかどうか試してみた

さまざまなオープンソースの成果を組み合わせた「Google 日本語入力」、その実力を確かめてみるため、実際にインストールして使ってみました。

変換候補を出すサジェスト機能が一体どれぐらいのモノなのか、どこまでカスタマイズできるのか、使い心地はどのような感じか、そういったざっくりとした印象がこれでつかめるのではないかと思われます。

試用レポートは以下から。
GIGAZINEより
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://arakiba.blog62.fc2.com/tb.php/174-22e77fb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。