GPSでなくあえて磁石を使うケース-中心核の磁性変動で磁北が…

Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
磁石で見る北方向ってのは結構大雑把なものなんですね。

まあ元々個人的には磁石を見ながら何かすることはあまりないし、分かるほどの違いとも思えませんが。

でもそれはそれで困る人もいらっしゃるようで…

中心核の磁性変動で磁北が東へ移動

 地球の磁北が1年に約64キロというスピードでロシアへ向かって移動しているとする研究が発表された。

中略

 何世紀にもわたって船乗りたちは目印のない海上で磁北を使って現在地を確認してきた。こうした伝統的な技術も全地球測位システム(GPS)にほぼ取って代わられたとはいえ、GPS衛星と通信できない水中や地下での移動には方位磁石が便利だという人も多い

中略

…磁極が高速で移動すれば、方位磁石が指し示す磁北と地理上の北極との誤差を正確に調整するために磁場マップの更新頻度を上げる必要が生じることになる。

後略


GPS衛星と通信できない水中や地下での移動って…しかも「多い」らしい。

つまり、「水中や地下で、磁石を使って精密なナビゲーションを必要とする人」が世界には結構な数いらっしゃる、と。

これはこれでちょっとビックリしました。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://arakiba.blog62.fc2.com/tb.php/199-38af20a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。