検閲とサイバー攻撃の関係ってナニ?-Googleが中国撤退?

Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共産党独裁強権国家なんで、検閲もまあやろうとするだろうし、それをグーグルが嫌がって何とかしたがるのは分かります。どうにもならないなら撤退だというのもああそうですかと思わなくもありません。脅しなのかどうか知りませんが。

で、それと大規模で組織的なサイバー攻撃を中国国内から受けたこととの間にどういう関係があるんでしょうか。このサイバー攻撃が実は中国政府の仕業で、そんな事するような国とはやっとれん、ということ?

Googleが検索の検閲解除を目指し中国政府と協議へ、撤退の可能性も

Googleが中国向けに提供している検索サービス Google.cn で、検索結果を著しく検閲していることはよく知られています。同社も検閲は認めつつ、

中略

しかし12日付けの公式ブログで同社は従来の方針を転換、法の認める範囲で検閲のない検索サービス提供することを目指し、今後数週間以内に中国政府と協議することを明らかにしました。

中略

そもそも方針転換に至るまでの前段としてブログに書かれているのは、12月中旬に中国国内から行われたサイバー攻撃についてです。調べによると…

同じ件で他のサイトでも同じようなニュースを掲載してたけど、どれをみても検閲とサイバー攻撃との関係がよくわからないニュースだなあ、と思ってみてましたが、、、

国の仕事として公然とやるんだ、こういう事。 すごい国だなあ、いろんな意味で。

現代中国の禁書 民主、性、反日
現代中国の禁書 民主、性、反日
(2005/06/21)
鈴木 孝昌

商品詳細を見る
現代中国社会の苦悩と希望
 中国における役人や党幹部の腐敗には目に余るものがあると言われていますが、その大きな原因の一つは社会的監視の不十分にあり、更にその根っ子には言論や報道の自由が制約されている点にあります。また、反日感情の盛り上がりも、情報流通の阻害が大いに関係しています。 本書は、北京駐在の経験を持つ新聞記者が…
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://arakiba.blog62.fc2.com/tb.php/224-1ae26fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。