少子化時代に育つと-少子化の本当に怖い話

Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本、いや地球の人口はもっと少なくなった方がいいとつねづね思っています。当然、少子化が極端に進んでいくと、社会のありようもずいぶん変わるんだろうなあとかぼんやり考えている程度なヤツなわけですが、これはナカナカ面白いことですね。
  • 「少子化の本当に怖い話」:イザ!

     街の自転車店に、自転車を引いて小学生がやって来た。しかし、一言も発しない。店主がしびれを切らして「どうした」と聞くと、一言「空気」。タイヤに空気を入れてほしいことは百も承知で、店主は言った。「空気ならどこにでも、いっぱいあるよ」

ホントにそれで生きていけるならそれでもいいんじゃないの、と思ってしまったけど、イザ直面したらきっと「イマドキの若いもんは…」とかぼやくにちがいありません。>オレ

あんまり危機感を感じないせいか、昔読んだSFを思い出してしまいました。


人間以上 (ハヤカワ文庫 SF 317)人間以上 (ハヤカワ文庫 SF 317)
(1978/10)
シオドア・スタージョン

商品詳細を見る
確か人類が進化してなんだか怖いものになるような話だったと。難しくてなんだかなあと思ったような思わなかったような。てかこんな表紙じゃなかったと思うんだけど…新訳版でさえもこんなに出版された時期が前なのね…org

ちょっと読み直してみたい気分です。


こちらも見慣れない表紙の検索結果が…過去に何度か出たのは知ってますが、最近も新訳版出てるんですね。
内容紹介
地球上空に、突如として現れた巨大な宇宙船。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和で理想的な社会をもたらした。彼らの真の目的とはなにか?異星人との遭遇によって新たな道を歩み始める人類の姿を哲学的に描いた傑作SF。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://arakiba.blog62.fc2.com/tb.php/255-ad17b7f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。