力任せのチューニング...IE9でハードウェアアクセラレーション

Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハードウェアアクセラレーションを活用というのはある意味「力任せ」な解決案ですね。
  • MS、「IE9」のプラットフォームプレビューをリリース:ニュース - CNET Japan

     ラスベガス発--Microsoftは、ブラウザの性能を向上させるため、PCからの力添えに期待をかけている。

     Microsoftのブラウザ次期版となる「Internet Explorer(IE)9」は、ウェブ上のテキストやグラフィックスのレンダリングを高速化させるため、グラフィックスチップや他のハードウェアを活用する。

うまくいけば、ベクタグラフィックスとか3Dグラフィックスの描画速度は速くなりそうです。連動するかしないかホントの所は知りませんが、フラッシュの描画速度も速くなりそうな気がしますが、ホントでしょうか。フラッシュが遅くてどこかのページが見れないなんて局面は経験がないですが、それはコンテンツクリエーターのみなさんが性能に依存しないように頑張っているのか、そもそもフラッシュがそれほど描画性能とかには依存しないのかどっちかですね、きっと。

HTML/CSSのパースやレイアウトとかjavascriptの実行に、いわゆるGPGPUの恩恵があるとも思えないので、そのあたりの性能はあんまり期待できないかなあ。だとしたらあんまりおしくないです、IE9。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://arakiba.blog62.fc2.com/tb.php/280-dfd9b611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。