安直な見た目通りとは限らない?-中国とグーグル

Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初は、検閲に反対して潔く中国から撤退!グーグルかっこいー!とか単純に思ってました。

中国という国はいずれ世界征服するつもりでいる強権独裁国家、という半端な印象を持って、それ以上学習する意欲のないアホ市民のオレなわけですが…こういうニュースを見ると、この強面は内乱を相当恐れている結果であって、強権国家の基盤て案外脆弱なんじゃないの、とも見えますね。

強面な人にはできるだけ近寄りたくないもんですが、 強面なのは実は怖がっているから、 ということも実感として分からなくはないです。
例え実は怖いことの裏返しなのだと察しても、 不安を解消してあげようとか思うイイ人じゃないオレは、 メンドクサイから近寄りたくないなあと思ってしまうわけです。

強面な相手でも毅然と対応するちょっと勇気のあるイイ人、 というフリしているけど、 実はしたたかに計算高い人だった、 て感じ?>グーグル

いや、ホントは狭い人間関係から擬人化できるような単純なものでもないだろう、とも思いますが、矮小化・擬人化するとオレの中ではわかりやすい気がしました。 わかった気になったので間違っていてももう気にしません。

ついでに書いてしまうと、 事の本質を学習する意欲のないオレは、 「どちらにしてもこの先中国という国の影響力はどんどん大きくなって、 アメリカが占めている座はそのうち中国が成り代わるのかなあ。 ウザそうで嫌だけど、アメリカも他所の国に対してやってることはエゲツないから結局あんまり変わらんのかなあ」 とも思ってました。 が… アメリカになり代わる大国になるまで、 今の体制は持たないかもしれないですねえ。 内乱的なことが起きたら、 大国であり続けることが出来るかどうかも分からないんかも…

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://arakiba.blog62.fc2.com/tb.php/289-9eddb494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。