ホントにバカなのか、難癖つけてるのか、どっちなんだ?

Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんかねえ、「愚民どもが金を出し渋ってるせいで俺達が儲からねえ」という難癖に見えるんだよねえ。
どうも売りたい相手をバカにしてる(ばかにされている)ような気がするなあ…
どうにもこうにもついていけないのが、この記事の中にも書いてある、「違法ダンロード件数=売れたはずの楽曲数」という仮定。
ブレーキの原因について同協会は「違法サイトからの無料ダウンロード」をあげ、「18年の調査で、違法ダウンロードの総数は有料配信より1億4500万件も多い年約4億7千万曲だった」と明かす。一番安い「着うたフル」(1曲約200円)に換算すると約940億円が闇に消えた計算で、「その後もさらに増えているだろう」。
なんでこれを既定の事実であるかのように「これだ損した!」とか騒げるのか。「特許とか版権で儲けようとする商売」に好意的になれない、というオレの偏見を差し引いてもなんかおかしいと思う。
  音楽業界誌オリコンの小池恒社長(45)は「“音楽はタダ”という間違った認識が蔓延(まんえん)している」と指摘。
「お金払ってまで聞きたい音楽」がないだけなんじゃないのか、ほんとに売れるような音楽を業界が育ていようとしているのか、という検証をしてないのかな。
そこに何らかの反省とかな対策とかしないと、違法ダンロードを撲滅しても、あとに残るのは「そもそも音楽なんていらん」という世の中じゃないのか。。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://arakiba.blog62.fc2.com/tb.php/313-d3ff297d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。