コンピュータを持ち歩く(2) - ポメラ

Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
持ち歩いてやりたいことはいろいろある
KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイトKINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト
(2008/11/10)
キングジム

商品詳細を見る

コンピュータを持ち歩きたい、と思うとき、オレの場合やりたいことがいくつかあります。(そらまあ誰でもそうでしょうけど)

ひとつは、ネットに接続してのアレコレ、動画や音楽の視聴、ゲームとか、いわゆる今のコンピュータでできる派手な部類のこと。

もひとつは、こういうブログの文章とか、仕事で書く文書の原稿とか会議のメモとか、ひと様に見せられるような内容じゃないちょっとしたメモとか、そういうテキストライティング。自分で書いてみてもきわめて地味ですね。(もともと少し重いタッチのキーボードが好きなことと、変なタイピングの癖が付いているせいで、パソコンに文章を入力しているときの音だけは派手にうるさかったりしますが)

このポメラは後者のニーズに応える、それだけに特化した製品です。>ご存じない人

テキストを書くということだけに気持ちよく特化した製品ですが、これはこれで何かものすごく魅かれるものがあります。 原初UNIXコマンドの基本設計思想に似た美しさすら垣間見えるような気がします。(意味不明でゴメンナサイ)

え、テキストかけるだけですよ?

テキストを書く以外の何にも使えないみたいですね。でも、これはこれでオレの「メモとかテキストをどこでも書ける」、「書いたものを残しておける」というニーズを満たしてくれそうです。

ついでに「電車に乗ってる時間がヒマだが、その時間で勉強したりする気はない(キッパリ!)ので、何か手持ち無沙汰でなくなるものが欲しい」というニーズもかなり満たしてくれそうな気がします。

いつでもどこでもメモ取れる

会社でメモ魔と思われているオレですが、そのメモはあんまり役立ったことがありません。だいたいウラ紙とかに書き付けたりするので、そのとき意味あるメモを取ったつもりでも、いつの間にかどこかに消えてしまいます。再利用できるといろいろいいんだけどなあ、と思いつつ有用な手が打てずにいます。

気軽にテキストメモが取れるようになっていれば、案外改善できそうな気がします。

ソレしかできないからこそ、ソレに集中できる

ここ何年かプログラムを書くより文書を作ることのほうが多くなってきて思うのは、文章作るのに時間かかるよなあ、ということです。

作家とか記者とかいった文章を書くプロなら、文章の内容を考えながら書くなんてことはなくて、書くべきことは最初から決まっていて、必要なのは自分の中から吐き出す作業だけかもしれません。が、国語の時間、特に作文が大嫌いだった子供がプログラマーになって今に至るオレはそういう能力とは無縁です。

また、中途半端にHTMLを使ったり、オフィススイートを使ったりしているので、一息ついたときにふとレイアウトのいいアイディアを思いついたような気がして、考えかけていた文章を途中で放り出して別なことをやってしまいます。

そうすると、文章作成に復帰したとき、元の文章として書こうと思っていたことと微妙に内容が異なってしまい、後から見るとその部分から全然別のことを書いていて、結局最初から書き直したり。

「まず文章を書く」⇒「書いた文章をチェックして誤字とか脱字とか、表現の矛盾を確認して修正(コレを校正というのか)」⇒「体裁を整える」という手順をとるのが一番効率よくて、結果的に楽に違いないという気がするのですが、すべてできる環境で作業していると、そう思っていても集中できません。

で、このポメラは、「文章を書く」というところに最適に見えるところが、激しく魅かれるポイントだったりします。ソレしかできないので、逆にそれに集中できそう。

他にも…

もはやどう魅力があるかとは関係ない話ですが、単体でツールとしてこんな風に優れているという話題として、

  • キーボード、下手なノートパソコンよりよさげ。

    文章入力ツールの生命線ですよね。できればUS-ASCII配列のキーボードがいいんですけどそれは無理だろうなあ。キーボードマッピングをカスタマイズできるとも思えないし。

  • 乾電池で長時間(20時間くらい)動作するらしい。

    バッテリーの残りを気にしながらパソコンを使うのは気疲れします。そういうことを気にしなくていいのは嬉しい。

  • 2秒くらいで起動するそうな。

    パソコンを復帰させることに比べると圧倒的ですね。

  • 入力システムとしてATOKが使えるらしい。

    個人的にはあまり興味ありません…LinuxでマイクロソフトIMEでもなく、ATOKでもない入力システムを使ったことありますが、別に不自由なかったし。

こんなのがありますね。


かなり欲しいんですけど、もうちょっとお値段どうにかならないですかね…
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://arakiba.blog62.fc2.com/tb.php/32-7d9cf98b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。