生肉は安全ではない、と。

Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キレよく痛い会見らしいということで動画を見てみたら。。いや確かに清々しいほどに痛い会見だったのだけど。。 死なばもろともで、えらい事をばらしてくれやがりましたね、この社長。そもそも生食用の肉って馬刺しと生レバーくらいしか流通してない?ということはこれまで普通に焼肉屋さんで食べてたユッケは…えぇーそうなの。安全な焼肉屋というか誠実な焼肉屋というかを見分ける基準として、ユッケ等の生食メニ 【ユッケ食中毒】 社長逆切れ会見 「生食用の肉など流通していない!」


うーむ。むむむ。
「生食用牛肉“流通していない” 国の基準形骸化」:イザ!
食肉関係者によると、食中毒になる腸管出血性大腸菌は肉の表面に存在するため、消毒されたナイフで表面をはぎ取る「トリミング」を行えば、菌を取り除くことが可能という。ある加工業者は「しっかり衛生管理した店で丁寧にトリミングすれば、子供や高齢者以外が食中毒症状を起こすことはほとんどない」と主張する。

これはどう考えればいいのだろう。
しっかり衛生管理した店でなら、子供や高齢者以外は大丈夫?
言葉を返すとよほどしっかりした店でも(子供や高齢者は)生肉を食べないほうがよい、ということなのかな。
原発の安全とあんまり変わらない確率の問題がここにもあるのか。生肉を食べなければ済むので、あれほどオオゴトではないにしても。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://arakiba.blog62.fc2.com/tb.php/380-f921f609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。