2年半後にはタブレットでもAndroidがiOSを抜いているNVIDIA CEOの希望的予言

Ads/Widgets:
サイト情報:
QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
売り上げとか出荷数はそうかもね。
今、パソコンの世界では圧倒的にWindows PCが多数派。
でもPC業界のトップ3が束になっても利益はアップルの方が上、という話を何処かで見たなあ。
同じようなことになってたりして。

それがあって欲しい2年後の姿なのかな。

NVIDIAにしてみれば、自分達のチップが売れていればその先でどれだけ利益薄い商売しててもどうでもいい話か。
今のPCの状況で得をしているのはインテルだけというのと同じことで、そのインテルみたいな立場を狙っているので、Androidが多数派になってAndroidのプラットフォーム提供者としてNVIDIAが幅をきかせることが出来ればそれでいいんだな、なるほど。

端末メーカーは、PCやスマホと同じことを繰り返さざるをえないんだろうな…
この手のハードウェア商売ってこれからもマスマス難しそうですね。
2年半後にはタブレットでもAndroidがiOSを抜いている?NVIDIA CEOの希望的予言
Published on TechCrunch Japan

今日(米国時間5/17)行われたReuters Global Technology Summitで、NVIDIAのCEO Jen-Hsun Huangが、タブレット市場の未来を予言した。この市場はこれまでの数年間、スマートフォンの市場とある程度並行的な関係があったが、Huangによれば、2年半後にはAndroidが、マーケットシェアにおいて、AppleのiOSを搭載したiPadを抜くそうだ。

ここで思い出すのは、まさにこれと同じことがスマートフォンの市場で起きたことだ。…

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://arakiba.blog62.fc2.com/tb.php/390-2aff8499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © アラキバ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。